楽しみ方多様・難易度自在 高齢者が歳を重ねても楽しめる 木製「ペンタブロックパズル」

長寿のお祝い(数え歳 説明あり)

2019/03/26
 
それぞれのお祝いの色で「還暦、緑寿、古希、喜寿、傘寿、米寿、卒寿、白寿、百寿」の文字を表しました。下に数え歳 61、66、70、77、80、88、90、99、100 を添えています。
この記事を書いている人 - WRITER -
ハフ
プロダクトデザイナー 創るのが趣味。何でも取り込み過ぎに反省 京田辺市

おもな長寿のお祝いについて

「数え年」とは生まれた時を1歳とし、新年1月1日を迎えるたびに、1歳を重ねる数え方。「数え」「数え歳」とも言います。満年齢は、生まれた次の誕生日に1歳と数える数え方です。数え歳は、満年齢+1歳、新年になれば満年齢+2歳、ただし誕生日がきても数え歳は増えずに満年齢だけが増えるので、満年齢+1歳になります。

例えば、1930年1月1日に生まれた人は、1930年1月1日に数え1歳、1931年1月1日に数え2歳、2019年1月1日に数え90歳になります。1930年4月1日に生まれた人は、1930年4月1日に数え1歳、1931年1月1日に数え2歳、1931年4月1日になっても数え2歳のまま、2019年1月1日に数え90歳になります。

80歳を超えれば、毎年長寿のお祝いをした方がいいように思います。

お祝い 読み方 数え歳 満年齢 テーマカラー 意味内容・説明
還暦 かんれき 61 60 生まれてからちょうど、自分の十干十二支に戻る年。本卦(ほんけ)がえりともいう。古希以降は中世から祝われたのに対し、還暦の祝いは近世以降の習慣である。60歳を定年とする会社も多く、還暦祝いより退職や退官を祝う方が多い。定年延長など定年後も働く時代になり、還暦から隠居のイメージは無くなり、赤いちゃんちゃんこを着て宮参りしたり祝ったりする風習もほとんどなくなった。
華甲 かこう 61 60 「華」の旧字が「十」の字6つと「一」の字からなっており、「甲」は甲子(きのえね)の甲で歳の意であるところから
緑寿 ろくじゅ 66 65 「緑=ろく=6」になることから
66歳は緑緑となるため。日本百貨店協会が提唱
古希 こき 70 69 中国の詩人 杜甫の「曲江(きょっこう)」の詩にある「人生七十古希稀」に由来。古代の上流社会では40歳以上を10歳ごとに祝ったが、後に還暦や米寿などに変遷したのに対し、70歳の古希のみが古代のまま存続している。祝宴を開き、贈り物は羽織、着物、座布団、杖などを贈った。
懸車の齢 けんしゃのれい 70 69 「漢書」に薛広徳(せつこうとく)が70歳の高齢で丞相(じょうしょう)の職を辞したとき、皇帝から老人用にの車を賜ったとの故事に基づく。
喜寿 きじゅ 77 76 「喜」を草書体でかくと「㐂」だから。室町時代末期ごろからおこなわれるようになった祝賀習慣で、古希や米寿同様、祝いにさいして祝宴や贈答が行われる。
傘寿 さんじゅ 80 79 金茶・ 「傘」の略字「仐」が八十と読めるから
半寿 はんじゅ 81 80 金茶・ 「半」を分解すると「八」「十」「一」となるから
盤寿 ばんじゅ 81 80 将棋盤の目の数 9×9=81 に由来している。将棋に関係する方には喜ばれる
米寿 べいじゅ 88 87 金茶・ 「米」を分解すると「八」「十」「八」になるから。米(よね)の祝いともいう。八の字が二重に使われていることから、八十八という数字そのものが吉事としてての印象を持たせることにもなる。江戸時代以降、長老の寿福の祝いとされ、喜寿に次ぐ最終の長寿の祝いとして、久しく行われてきたが、その後、長寿者が増えるに従い、卒寿や白寿の賀寿が追加された。
卒寿 そつじゅ 90 89  白  「卒」の略字「卆」が九十と読めるから
白寿 はくじゅ 99 98  白  「百」から「一」を引くと「白」となるから
百寿 ももじゅ 100 99  桃・ 白  年齢そのまま
紀寿 きじゅ 100 99 1世紀経つから
上寿 じょうじゅ 100 99 もっとも上まで行きた着いたという意味。百歳以上毎年
茶寿 ちゃじゅ 108 107 1世紀経つから
珍寿 ちんじゅ 110 109 珍しいほどの長寿という意味。110歳以上毎年
皇寿 こうじゅ 111 110 「皇」の字の白は百から1字引いた数字、「王」は「十」と「二」に分解でき、全て足すと111になる
昔寿 せきじゅ 120 119 「昔」を分解すると「廿」と「百」?になるため20+100で120
大還暦 だいかんれき 120 119 還暦の倍の意味(数え歳で120歳とするか満年齢で120歳とするか不明)
天寿 てんじゅ 121 120 「天」を分解すると「ニ」「人」となるところから、還暦を一人分として2人分のこと。(250歳との説もあるが、現実的ではないため、こちらの説を採用)

一般的には天から授かった寿命という意味。

引用図書:国語大辞典 小学館 1982/2 / 日本大百科全書 小学館1988/3 / 世界大百科事典 2014/12

この記事を書いている人 - WRITER -
ハフ
プロダクトデザイナー 創るのが趣味。何でも取り込み過ぎに反省 京田辺市

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Penta blog , 2019 All Rights Reserved.